カテゴリー
未分類

海外FX事業者の利点は通貨のペアにある

副業でFXをしたことがある方においては、国内のFX事業者では通貨のペアの数が少なく、日本円とその他諸外国の通過のトレードしかできないという声があります。その為国内のFXにおいては取引が一本化しやすく、トレードに幅が無いのです。トレードに幅が無いという点については利点においては詐欺の他安定した価格帯での取引が中心となる為価格破壊が起きにくく投資による被害を受けにくいと言う利点がありますが、反面、資産をいろいろな場所に分散したいとした場合不向きです。

例えば海外ではFX事業者は多数あり時刻の通過以外でもトレードをすることが出来ます。その為資産を他国の現金に変更して持つこともできるためペアの組み方次第では、安定的に収益を得ることが出来るのです。他にも海外のFX事業者はトレードにおいては直接トレードを望むものとトレードを行う為トレードの成功率が高いのです。

国内ですと、国内のFX事業者はFX事業者自体がトレードをして良い人物同士であるかを確認した後にトレードの可否が決まりますので、言い方を悪く言えばトレードを望む者同士がトレードを認めていても第3者である事業者がノーを突きつけるとトレードは失敗となることです。これを公平性があるかどうかと考えた場合、第3者である事業者がトレードに介入しているが故公平ではないと言えます。

ただ、国内のFX事業者の場合は通貨のトレードで価格破壊が起きないようトレーダー同士のトレードを監視しているとも言われているため一概に監視体制下でトレードを行うこと自体が問題であるというわけではないです。反面海外FX事業者ではトレーダー同士でのトレードで価格暴落が起きた場合、トレードを中止するような制度こそありますが価格を安定化するという制度は取り入れていない為日本と異なり価格が不安定になり始めるとセーフティー機能が生きないということもありますので一長一短です。

ただ、海外でも追従を必要としないゼロカットというシステムを導入している物であればトレードで生じたマイナスをゼロにしたうえで新たに資金投入を認めるという制度がありますので一定のセーフティー機能はありますが、日本のように市場を安定させようという仕組みが無いのが問題であるということです。

ここが海外のFX事業者の問題点で日本の金融庁が認可をしない理由の一つで市場の安定化を望む場合においては日本の国内のFX事業者のほうがおすすめで安全性も高いと評価されているということです。しかし、それらを考慮しても海外のFX事業者にも利点があり、一つは取引の公平性、日本円以外の通過のペアを持つことが出来るなど利点もあります。