カテゴリー
未分類

特商法とネットビジネス

特商法と言う法律を聞かれた事はあるでしょうか?
この法律は商取引において、消費者を守るために制定された法律で、あらゆる商取引に適用されるもので、もちろんネットビジネスにも関係するものです。

本格的なネットビジネスを自分で起業される場合はもちろんのこと、ネット上で副業を探される場合にも、注意をする必要があると言えます。
安全で安心な副業を考えておられる場合には、特に特商法に抵触するようなものに手を出さない事が大切です。
本記事では、こうした特商法とネットビジネスについてまとめてみたいと思います。

まず、自分でネットビジネスを始める場合に注意すべき点を上げます。
特商法では通信販売に関して色々な規制をしており、単なる通信販売なので関係ないと思わず、必ずサイトの構成・広告や、金銭のやり取りや、クーリングオフに関する記述等の条件が、特商法に抵触しないか確認する必要があります。

また自分でネットビジネスを新たに考え出した場合には、それが特商法の連鎖販売取引(いわゆるネズミ講)に当たらないかチェックする必要もあります。

次にネット上でネット副業を探す場合にも、そのネット副業が特商法に抵触するような悪質なネット副業でないかを見極める事も大切です。

先に上げた連鎖販売取引(いわゆるネズミ講)は、形を変えて一見抵触しないように見せかけ、次々と新たな違法なものが出現しており、引っ掛からないように注意が必要です。ネズミ講がいけない事で、引っ掛からないように注意すべき事は多くの人が知っています。
それにもかかわらず、特商法では改めてこの規制をしているのは、新手の方法が後を絶たないからです。
また特措法では、業務提供誘引販売取引に対しても規制があります。

これは「仕事を提供するので収入が得られる」として、その仕事に就くために必要だとして、教材等の商品を高額で売りつける商法です。これに引っ掛かる人が後を絶たないのは、高額な収入を得られると言う謳い文句が魅力的に見えるからです。

以上の様に、自分でネットビジネスを起業する場合にはもちろんのこと、ネット副業を探して参画する場合にも、特商法は関係するのです。

最近ではサラリーマンや家庭の主婦でネット副業を始められる人も少なくありません。そんな方は、ネットの世界にも特商法に抵触する悪質なものも色々ある事を知った上で、安全・安心なものを選定すべきだと言う事を知っておく必要があります。

多くの人が取り組んでいるクラウドソーシングのサイトに登録して仕事をしたり、ストックフォトサイトで写真販売をしたり、クラフト品販売専用サイトを利用して趣味品を販売すると言ったネット副業から始められるのがお勧めです。

またより稼げるネット副業を探さして、参加する場合には、そのネット副業が特商法に抵触するような怪しげなものでないか、事前に口コミ等を十分に確認する事が大切です。まずは世の中には、美味しい話などないと思って置くことが必要かもしれません。